株式会社RealStyle

スポーツDVD・通信講座のリアルスタイル

お父さんのための野球教室-少年野球をする息子さんを持つお父さんのためのサイト


sample

実際にDVDをご覧になったお父さんの生の声をお聞きください。

※体験者の声なので効果を保証するものではありません

お父さんのための野球教室体験者
いまでは桜井さんのDVDが心の拠りどころとして存在しており、自信につながっております。
S.T 様
ご住所:石川県

野球経験が多少あったので当時小4と 小2の息子たちに結果、>私自身基本がよく見えるようになり、息子達に限らず 所属チームの子供たちの出来ている部分と>まだ出来ていない部分が よく見分けられるようになったと思います。

DVDをもとに指導しある程度までくると 心なしかこちらも驚くほど子供たちの 上達スピードがあがってくる事がわかってきました。

私たちの年代は、体でおぼえるとか根性物語を くぐり抜けたせいか、いざ教える側に立つとわかり易く 丁寧に説明する部分が欠落している人が多いような気がします。

いまでは桜井さんのDVDが 心の拠りどころとして存在しており、 自信につながっております。

少し貢献できたせいか、 昨年秋4年ぶりの優勝がありました。

今年6年生の次男はエースナンバーをもらったので、 残り4つの大会で何とか優勝旗を手に入れたいと思っています。

お父さんのための野球教室体験者
バドミントンラケットによる素振りにより今まで悪かった肘の使い方が良くなってきました。
Y.H 様
年齢:
ご住所:鹿児島県
お子様:

今までは野手だが本人は投手に成りたがっていたので フォームの1から勉強するためにDVDを購入しました。

重心移動、下半身の大事さ、 投手として大事な筋肉のトレーニング法。,

バドミントンラケットによる素振りにより 今まで悪かった肘の使い方が良くなってきました。

投手の一連の投球動作、重心移動〔まだできていない〕が、 本人も頭の中では理解できたようです。

パートごとに克服し、しっかりとした重心移動を身につけ、 けがのない速球投手になって欲しいです。

とてもわかりやすかったです。

お父さんのための野球教室体験者
実践した結果、とてもコントロールがよくなりました。
S.S 様
年齢:
ご住所:愛知県
お子様:

以前は、コントロールがとても悪く肩も 故障してこのままでいいのか不安でした。

DVDから体重移動、の理解、バトミントン体操による 肩の可動域改善、下半身の意味その上の上半身の姿勢にいて 学び実践してた結果、とてもコントロールがよくなりました。

一時的に球威がおちましたが、 だんだんと自然にヒップファーストを

教えなくても自分でやるようになり 左肩(右投げ)始動で球威ももとにもどりました。

今後は更なる球威アップをしたいです。 現在92km目標100km中学に行ってからは 変化球を投げ始めますのでインナーの強化をしていきたいです。

お父さんのための野球教室体験者
「選手だけでなく、指導者として私も共に成長することができました。」
田中 和也 様
年齢35歳
ご住所:神奈川県
お子様:小学4年生

「教えていただいた理論と練習方法で、エースピッチャーが見違えるほど球速がアップし、しかもキレのある伸びるボールを投げられるようになりました。

今までは、「タメをつくって投げろ!」、「ひじが下がっている!」、「もっと下半身を使え!」と言っているだけで、具体的に「タメ」をつくるための練習、ひじが下がらないようにするための練習などをおこなっていませんでした。

「タメ」とは何か?なぜひじが下がるのか?」など指導者として恥ずかしながら間違って理解していたり、「なぜそうなるのか?」理由すら知らないことがありました。

選手だけでなく、指導者として私も共に成長することができました。 ありがとうございました。

お父さんのための野球教室体験者
「素人の私にとっても非常に分かり易く、目から鱗です。」
墨田 徹 様
年齢38歳
ご住所:神奈川県
お子様:小学5年生

「選手をグングン成長する奇跡の投手育成法」のDVD並びにPDFファイルを購入させて頂いた者です。 この教本を使って楽しく子供と練習しています。 素人の私にとっても非常に分かり易く、目から鱗です。

先週の土曜日の練習日の事。 子供達のキャッチボールを見ていたコーチの1人が私のところへやってきて、「なかなかいいね、ピッチャーをさせるといいかな。足の上げ方なんかもいい!」 フ、フ、フ、DVDが効いてる効いてる・・・・とひとりほくそ笑んでました。

翌日の日曜の練習で。 またコーチがやってきて「だいぶいいタマ投げられるようになってきたな、ってさっき団長さんが言ってたよ!」 DVD恐るべし!! もうこの教本は手放せません! ありがとうございます。

お父さんのための野球教室体験者
「たった4ヶ月でこれほどまで違ってくるのかと・・・」
宮田 幸雄 様
年齢33歳
ご住所:岐阜県
お子様:小学2年生

はじめまして。何度かDVDの感想を送ろうと思っておりました。が、やはり、実際に成果が現れてからと思い、早4ヶ月程が経過してしまいました。 我息子は小学4年生です。

ポジションは、投手兼遊撃手です。彼の野球との出会いは、小学2年生の春でした。校区のスポ少より「子供の人数が足りないので、 是非入団して欲しい!!」との誘い。全く野球には興味の無い彼でしたが、この私が大の野球フアン。

「××、野球やりたくない?」って聞いてみたところ、「野球??面白い??」って逆に尋ねられました。「面白いか、面白くないかは、自分が決めると。お父さんは、嘘つきたくないから・・でも、お父さんは、野球好きだし面白いと思うよ!!」次の日曜日、彼は半信半疑でグランドへ出かけていきました。 私は、あいにく仕事でしたので見学には行けませんでした。 その夜、ご近所の方から「××君、すごいよ!普通にボール取れるし、バッティングでもちゃんとバットに当るし」ってお話を聞き・・・次の日曜日、見学に出かけました。

確かに、小学2年生にしてはボールを取れるし、バットにも当ります。しかし、『何か変!?』『そうだ、投げ方が変!』まさしく、【アーム投げ】私達の間では、【ドッチボール投げ】って言ってましたけど・・・。 『こりゃ〜、そのうちに肩とか肘を痛めるぞ〜』 それからと言うもの、私の【我流】で何となってきたような気がしました。が、ある日、「お父さん、何か肩が痛いんだけど〜・・・」とのこと。『やっぱり来たか〜』。 前置きが、大変長くなりましたが、ある時インターネットで桜井さんのDVDのことを知りました。失礼な話ですが、『まあ、騙されたと思って購入してみるか』ぐらいしか思っておりませんでした。(ホントすみません!!

しかし、実際にDVDを見させていただき『ん〜!!分かりやすい、納得!!』 でした。 DVDを見させていただき、即練習実戦です。あれだけ変な投げ方をしていた彼。時にとんでもない方向に投げていた彼。

虫でもとまれるようなボールを投げていた彼。あれから4ヶ月程。

自分で言うのも何ですけど、『行けるじゃん!!』 良いフォームで良いボールを投げてくるようになりまし。 今では、正投手としてチームを引っ張ってくれています。 監督・各コーチからも、結構信頼されてきているようです。 たった4ヶ月でこれほどまで違ってくるのかと・・・ 恐るべし【お父さんのための野球教室・by桜井】

もう少し早く桜井さんのこと知りたかった〜!でも、知れたから良かった〜!! ホント、ありがとうございました。これからも、良きアドバイスをお願い致します。 益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

 

乱文の程、お許しくださいませ。

お父さんのための野球教室体験者
「お手伝いコーチを卒業して、やっと指導者一年生になれたような気がします」
菅野 雅夫様
年齢36歳
ご住所:愛知県
お子様:小学3,4年生

初めてメールさせて頂きます。 小学生の指導者をしている者です。 野球の経験がほとんど無いのですが、息子二人がお世話になった団にお手伝いの延長で続けさせていただいています。

野球の知識がほとんど無いため、子供達にも具体的な指導が出来ず、せいぜい監督や先輩コーチの受け売りと根性論を熱く唱えるのが精一杯でした。 しかし、試合結果は・・惨敗。試合後は子供たちに「おまえたちの努力が足りないから勝てないんだ!」・・今思えば恥ずかしい限りですが・・。

自分なりに何とかならないだろうかと、四苦八苦しているときに桜井さんの野球教室をたまたまインターネットの検索で知りました。

半信半疑?で申し込みを決断。しばらくしてDVDが送られてきました。恐る恐る(不安と期待)DVDを見てみると・・・。

不安は直ぐに消え、自分が最も知りたかった「ボールの投げ方(理論)」を知ることが出来ました。監督や先輩コーチから教えられたことも、自分が理解できなかったため、子供に指導することが出来なかったことが、今では自信を持って子供達に指導できるようになりました。

お手伝いコーチを卒業して、やっと指導者一年生になれたような気がします。 これからも指導者のため(子供のため)によろしくお願いします。

お父さんのための野球教室体験者
「先入観や、頭の固さを捨てて、ぜひ、見ることをお勧めします。」
山本 宗雄様
年齢39歳
ご住所:東京都
お子様:小学生

私、東京で接骨院をしております者です。 患者さんで、スポーツ障害の子供も多く、昔から、いろいろな先生の講演を聞いたり、勉強会に行ったり、本を読んだりしながら、その時は、一番良いであろうと、思いながら、ベストを尽くしてきたつもりで診療に当たっておりました。

たまたま、私も野球をしており、子供も始めたのですが、なかなか上手くならず、試行錯誤していたときに、桜井さんのホームページを見る機会がありました。

仕事上、「うさんくさいなあ〜」と正直思いながら、DVDを購入しました。 (その時は、少し値段もするけれど、だめもとでいいか と半分思いながら、購入しました。 笑)

正直な話、お金儲けでこういう事をしている人も多く、スポーツ医学でも、名前が有名な先生でも、実際、聞いてみたり、本を読んでも今までと同じようなことばかり書いてあったり、ただ、その時だけの、パフォーマンスの向上だけであったり、根本的な解決に至る物はありませんでした。 そんな疑い(笑)の思いで、DVDを見て、冊子を読んだのですが、正直驚きました。

一番感じたことは、まず、子供に教えるのならば、自分が出来ないと伝えられない事でした。 桜井さんの考え方ですと、私のようなおじさんでも、理にかなったフォームで速い球を投げることが可能なのです。 で、その時に、初めて、子供にも伝えることが出来、悪い点にアプローチできると解りました。 今はまだ、子供と二人三脚の途中ですが、とても楽しみながら、試行錯誤しながらの二人三脚です。 しがない接骨院をしている者ですが、一、医療人の立場から言わせて頂きますと、医療従事者もぜひ、読むべき者だと思います。 先入観や、頭の固さを捨てて、ぜひ、見ることをお勧めします。

桜井さん、野球に対する情熱、また、野球を通して、子供達に、野球だけではない大切な物を学んでもらいたい気持ちが伝わると思います。 ぜひ、子供達には、ケガなく、野球を楽しんでもらいたいと思っております。 一人でも多くの医療人がこれを見ることを望んでおります。